トップページに戻る

おいしいマスカットのできるまで☆彡


2000年前から栽培されている
マスカット・オブ・アレキサンドリア――

原産地はアフリカ北部エジプトであり、
あのクレオパトラが こよなく愛したと言われています。

わが国には明治初年にアメリカから導入、ガラス室栽培用品種として、
岡山県では明治19年から栽培……以来130余年。

気品と濃厚な味、爽やかなエメラルドグリーン、独特のマスカット香と冴え。
「陸の真珠」「ブドウの女王」などと称される最高級果物

ふなおワイナリーの圃場(ほじょう)において、
マスカットワインの原料となる、おいしいマスカットが出来るまで。
その作られる様子をごらんください。
(随時更新します)

            ★ マスカットのできるまで ★
2月21日  
今日の圃場の様子です。
一年生樹の、芽を出したい全ての芽の先の位置に、金切りのこで、形成層に達する程度に芽傷(めきず)を入れました。
2月18日  
今日の圃場の様子です。
不要な枝の剪定(切り取り)を行いました。
剪定の目的は、今年成長する新しい芽の位置と強さを調整することです。
1月26日  
ボランティアである「ワイナリー友の会」のみなさまと、マスカットハウスへの堆肥の施肥を行いました。